アーカイブ 「最愛の母」

2012年 12月 01日

今日は、最愛の母の四十九日法要

カテゴリー 最愛の母

オンセラレイキの琴寄美恵子です。

今日は、朝から雨が降り、納骨の時には晴れました。














そういえば、お通夜も、告別式の時も雨が降り
終わった時に雨がやんだんです・・・。

母が何を語っているのでしょうか。

母の愛は偉大です。
もっと色々学んでおけばよかったと思います。

お母さんありがとう♪♪♪

コメント(0)

2012年 11月 12日

10月の出来事

カテゴリー 最愛の母

オンセラレイキの琴寄美恵子です。

facebookに投稿したら、たくさんの方から投稿を読みましたよという意味の「いいね」を戴きました。

そして、心温まるコメントも戴きました。

そこで、【感謝の気持ちを大切にしたいと】思い、私のブログに掲載することにさせて戴きました。

==============================================

先月、最愛の母が亡くなりました。

こんなことをFBにアップしていいものか…
と迷いながら書いております。

9月23日に長野県を一緒に旅したのが最後でした。

10月1日に母から電話がきて、メールの絵文字や、
顔文字、漢字の変換ができるようになりたいと
とても嬉しそうに言ってたので今でも信じられないです。

そして、その5日後の早朝、母の携帯電話が鳴ったんです…

「救急車に乗ってるけど、受け入れてもらえる病院がない…」と
妹の泣き叫ぶ声でした。

私は真剣に祈りました。

4件たらい回しにされて、やっと病院が決まり搬送されたのです。

私が足利の病院に駆けつけた時にようやく手術が始まりました。

命は取り留めましたが母の意識が戻ることもなく
10日間の闘病生活を経て旅立ちました。

いま振り返ると、倒れる前日、「電話しなきゃ、、、」と思いながら、
「明日にしょう、、、」と、結局母の声を聞くことができなかったんです。

長野で会った時、「一度家に帰っておいで」
「私が死んだら妹のことを頼むね」と言ってたのを
思い出しました。

写真のお客様は来月85才になるそうです。
今でもお琴やピアノを弾いてるんですよ♪

待合室に居合わせた患者さんが「母娘みたいね」と
一緒に写真を撮ってくれました。



















この写真を撮ってくださったお客様の施術をしている時、
カードリーデングをしながら、降りてくる言葉をすべてお伝えしたら
大変感動してくださったんです。

以前は、こんなことまで言ったら…と思い
控えめに伝えてましたが、「一期一会」、
次の出会いがあるかどうかわからない、、、ので、
降りてきたことをすべてお伝えすることにしたんです。

施術の後、お茶を飲みながらお話をしましたが、
はじめて垣根が取れたようだと喜んでくれました☆

わたしはオンセラの施術をしながら、リーディングもしていくんですが、
【リーディングの力も物凄くバージョンアップしましたね】と
感激してもらえました。

母の死を通して「命は天命」ということが身に沁みました。

なので生かされていることに感謝してお客様に必要な施術と
メッセージをちゃんとお伝えしていきたいと思います。

だって、それが母からのメッセージですから(*^-^)


コメント(0)