アーカイブ 2011年11月

2011年 11月 30日

赤ちゃんて凄い!!

オンセラレイキのことより美恵子です。

今日は新米ママさんから聞いたことです。

保育ママさんと新米ママさんとの会話

保育ママ  「お母さんが甘いものを食べた?」

新米ママ  「昨日チョコレートをたべました。」

保育ママ  「赤ちゃんに必要の無いものは排泄されるんですよ。」

新米ママ  「だから時々便に白い固形物が出ているんですね。」

保育ママ  「甘いものを食べると白い固形で出てくる・・・・
        脂肪は赤ちゃんには必要ないから・・・便で出てくる・・・。」

赤ちゃんの生命力は凄いですね♡
4ヶ月で母乳とミルクの混合の赤ちゃんだそうですが、
赤ちゃんの栄養にならないものは便で排出する・・・凄いな!!

大人も体に必要ないものを排出できたらそれだけで健康維持できるるのに・・・・。



コメント(0)

2011年 11月 29日

一眼レフはやっぱりキレイに写る~♫

こんにちは(*^_^*)

オンセラレイキのことより美恵子です。

11月6日にパソ塾の取次学先生が来て下さいました。

私のHPのオンセラレイキの写真は取次先生の愛用の一眼レフで撮って戴きました。
ありがとうございます(感謝!!)














(以下取次さんのfacebookのコメントです)


今日は、東京大塚で治療院されている琴寄さんのオンセラレイキを受けにやってきました~~^^。写真のような、700度のもぐさが入ったセラミックをお腹に当てています~(ノ゚ー゚)ノ。お腹の丹田を温めると血流がよくなって、自然治癒力が高まりまるそうです♪

主な効能は

①完全冷え取り②凝り取り、痛み取り③体温アップなど

これらの症状に絶大な効果を発揮します。
これから冬がやってきますからね~~。今のうちに血行をよくして、体を温めておきたいと思います(笑)



というわけで今日もコツコツとソーシャルメディア活用の楽しさを伝えています。
目指せ!ソーシャルメディア普及1万人~(ノ゚ー゚)/

一眼レフを楽しもう会


PS.取次師匠からパソコンのスキルを学んでいます。
  昨年の今頃はパソコンが苦手で・・・(怖くて)恐る恐るパソコンをいじっていましたが
  いまでは愉しく使っています。
  スカイプでプロフィールを指導頂いている時、首が痛いということで・・・オンセラレイキの体験に来ていただきました。
  ちょうど治療歴40年の治療師(中川先生)私のオンセラの師匠がいましたので、首の治療はお願いしました。
  なんと首が1日でよくなったそうです。(ホッ!!治ってよかった。)
  
  そしてオンセラの写真も撮って戴きました。
  リニュアールしたHPに使わせて戴きました。

  本当にありがとうございました(*^_^*)

コメント(0)

2011年 11月 26日

あなたの冷えはどのタイプ?

カテゴリー 冷え性

オンセラレイキのことより美恵子です。

≪あなたの冷えはどのタイプですか?≫

①「外からの冷え」タイプ
冷房の冷気により、体の表面は冷えているのに、体の中心部のみ熱を持っています。

<症状>首の後ろがゾクゾクするのが特徴です。心臓がドキドキする、もやもやしたり、身の置きどころがなく、不定愁訴が起こります。トイレが近くなる、お腹が痛くなる、足がほてって眠れない。

②「中から冷え」タイプ
冷たい飲み物の飲みすぎで、お腹の中が冷えた状態。体の中は冷えているのに表面が熱をもっている冷えです。

<症状>夏バテの症状です。冷たいものを飲みすぎると、食道の裏にある肺が冷えてしまいます。東洋医学では肺を冷やすと、アレルギー性の病気を引き起こすと考えられています。夏体を冷やしすぎると(不摂生)、秋にアレルギー性鼻炎を起こす場合があります。

③「冷えから病気に」タイプ
夏場であっても手足が冷えるという人、朝起きたときに指先が白い人、手のこわばりなどがある人は、冷えが進行しています。

<症状>平熱が36度に満たない低体温の人に多くいます。全身の血流が悪く、夕方になると足がむくみやすいです。このタイプの冷えの人は、背後にリウマチや膠原病が隠されている場合があります。リウマチのけがあるという状態です。

さて、あなたはどのタイプだったでしょうか?

冷え性を改善するポイントは!!
1、冷えを改善する食生活をする。
2、体を温める。(サウナ、温熱療法)
3、冷やさないようなオシャレをする。(衣服で体を冷やさない工夫をする)

これから寒い冬です・・・。
冷えを改善して元気に過ごしたいものです。
私共ではオンセラレイキ・ヒーリングを施術して、食事のアドバイス、冷やさないような工夫をアドバイスいたしています。

コメント(0)

2011年 11月 11日

ホンマでっか!? TV 11月9日をお客様から伺いました!!

カテゴリー オンセラ・レイキ

今日は2011.11.11.です。大地を潤す雨が降っています・・・♫

昨日施術を受けに来て下さったお客様「おへそを温めるっていいんですね・・・・・!!、
おへそを温めると若返る・・・とか!!

【「ホンマでっか!?」TVで  アロマオイルをへそに塗って、お灸を置いて温める。

へそから成分が体内に扱収され内臓が温まり若返る効果が、東洋医学に基ずく方法。】

とテレビで観ましたとお話してくれました。

お客様に言われて本日動画を観ました。

この写真は当院のリング灸です。













◆ もぐさの700度の熱(遠赤外線)を体内へ注入する温熱療法です。 高温に熱せられたリング灸をへそとへそ下の丹田(たんでん)に乗せることに よって、自律神経の働きと免疫機構をアップします。

◆主な効能は ①完全冷え取り②凝り取り、痛み取り③体温アップなど これらの症状に絶大な効果を発揮します。
基礎体温がアップすることから、冷え性・不妊で悩む女性にもお勧めの療法です。
また、オンセラセラミックともぐさがあれば誰でも自宅で簡単に温熱療法ができます。


これから、オンセレライキを益々広めていきたいとおもいます。

☆★ーー☆★ーー☆★ーー☆★ーー☆★ーー☆★ーー☆★ーー☆★ーー☆★ーー☆★ーー

◆11月17日(木)13時から、 12月2日(金) 18時30分から
ユングの「黄金に華」瞑想会とプチ「オンセラレイキ」の体験会をおこないます。

◆12月のオンセラレイキの体験会のイベントを行う予定にしています。

コメント(0)

2011年 11月 08日

東洋医学から考える冷え性

カテゴリー 冷え性

オンセラレイキのことより美恵子です。
今日は立冬です。暦の上では冬ですね。
昨日は温かく今日は風が吹くと少し寒かったですね・・・。

今日は東洋医学から考える冷え性を簡単にまとめてみました。
お役に立ったら嬉しいです!!

冷え性に悩む人は、3つのタイプに分けられます。

◆胃腸が弱い

 胃下垂の人によく見られます。
 冷たいものを摂りすぎるとすぐに 冷えて下痢するタイプです。

◆腎・膀胱系が弱い

 からだの水分代謝が悪いタイプです。
 からだに余分な水分がたまり、それがからだを冷やします。

◆婦人科系が弱い

 多くの場合、生理と関係があります。
 婦人科系の場合は冷えだけの場合と、 冷えとのぼせの場合の2種類があります。

 トイレが近くなることが多いのですが、婦人科系の場合にはトイレが遠くなり、むくむこともあります。

★自分の冷え性の度合いをチェックするには、お腹と腰をみてください★
 ここが黒ずんでいる場合には冷え性が強く、そうでない場合には冷え性は軽いといえます。

《冷え性の食養生》

◆胃腸系が弱い

 胃腸が弱いとどのような食べ物を食べても消化吸収されず、からだが温まらないため、まず胃腸を丈夫にすることを心がけます。

食べ物の消化を促進させてくれるダイコン、胃腸を温めるウイキヨウ、クローブ、ショウガなどの香辛料がよいでしょう。

◆腎・膀胱系が弱い

夜間によくトイレに行き、腰から下が水につかっているような感じや。
高齢で足腰が弱く夜間にいくような場合。
耳鳴り、腰痛、前立腺肥大の場合。

補腎作用のあるヤマイモがおすすめです。

◆婦人科系が弱い

 婦人科系が弱いタイプは、一般に生理痛、生理不順があり、ちょっとしたことであざができやすいものです。

 上記の症状にぷらす、下半身は冷えるが上半身はのぼせる場合。
  (このような人は生理のときに、レバー状の血の塊が出ることがよくあります。)

 ベニバナ、サフランなどがよいでしょう。

*漢方薬もよいです。漢方薬を処方してくれる薬局や漢方医で処方していただくといいですね。
  私の体験から漢方薬があうと劇的な改善がなされます。
  (産後産褥熱をだし、体調が悪かった時漢方を飲んだら劇的な改善がなされ元気になった体験があります。)

最後まで読んで戴きありがとうございます

コメント(0)

2011年 11月 06日

オンセラレイキQ&A

カテゴリー オンセラレイキQ&A


オンセラレイキって自分でできるの?

皆様から尋ねられたことをまとめてみました。

Q オンセラレイキって

A オンセラレイキとは、手のひらから発せられるエネルギーを体内に流し、もぐさの700度の熱(遠赤外線)を体内へ注入する温熱療法です。高温に熱せられたリング灸をへその上とへそ下の丹田(たんでん)に乗せることによって、自律神経の働きと免疫機構をアップします。

Q レイキって

A レイキは宇宙エネルギーです。臼井先生は「すべての存在の根源である宇宙エネルギー」を「霊気」となづけられました。それは「高次元の存在」から発せられる「愛の波動」であり、かつ純粋な「光」のことでもあります。
「宇宙エネルギーであり愛の波動である霊気」とつながることにより、すべてを癒していくヒーリングテクニックです。レイキは私たちの周囲に満ちている(宇宙)生命エネルギーであり、その(レイキ)エネルギーを活用するのがレイキ法です。手当療法(ハンドヒーリング)で健康になり、さらに人生を安らかで豊かなものにするために、日常生活で活用できるヒーリング技法です。


Q 治療の経験がまったくなくても大丈夫ですか?

A 大丈夫です。
家族で健康管理をしたい気持ちがあれば十分です。


Q 熱くないですか?

A とにかくあたたかくて気持ちが良いです。
これまでのどんな温熱療法より体のシンに通るあたたかさです。


Q ヤケドしませんか?

A 直接お灸するのではないので大丈夫です。
もちろん皮膚の感覚を失ってしまっている場合は施術は不可です。


Q ねんざも良くなりますか?

A ハイ、良くなりますよ。ねんざや打ち身には劇的な効果が期待できます。母がねんざで近くの接骨院で半年かかると言われていましたが、母に教えて自分でやって、2週間毎日やって良くなりました。(足だったので自分でやれたのですが。)
家族の方がやってあげたらいいですよ。腱鞘炎なども早く良くなります。


Q リング灸はちょっと恐いです。

A そんなことはないですよ。
リングの上に大きいお灸が乗っていますが、直接皮膚にふれることもないので安心です。使い方の指導をちゃんと受けてからやることがポイントです。


Q 1日何回位やったらいいですか?

A  好きなだけ、心と体が満足できるまで何回でもやって下さい。最初は疲れるので、1日1回から回数を増やしていくといいです。だんだん体からいろんなメッセージが聴こえてくると思います。


コメント(0)