2011年 4月 03日

健康ミニ知恵袋1

カテゴリー 健康ミニ知恵袋

オンセラ・レイキの琴寄美惠子です。

お子様にも安心な昔ながらの家庭療法で風邪退治の仕方です。

風邪はひき始めの手当てが肝心です。
昔ながらの家庭療法は、身体が持っている免疫力を高めたり、食べ物の持つ素晴らしい薬効を利用したものです。
妊婦さんや小さなお子様にも安心です。

①体の冷え、発熱時

ゆでこんにゃくの湿布
【用意するもの】
こんにゃく・・・2丁、塩・・・大さじ1(山盛り)

【手当て法】
①鍋にこんにゃくを入れ、沸騰したら弱火にし、15~20分ゆでる。
②こんにゃくをとろ出しタオルに包み、30分程度、(子どもは10~15分)お腹と右脇腹に当てる。
③最後に濡れてタオルで拭く。
*食間の空腹時に行うと効果的です。こんにゃくは1週間程度は繰り返し使えるので、冷蔵庫で保存をして使えます。

お子様にも安心な昔ながらの家庭療法で風邪退治をしましょう。
如何でしたでしょうか。シリーズで掲載していきますので、参考になれば幸いです(*^。^*)


コメント(0)

コメントを残す